面倒な抵当権抹消手続きは司法書士に依頼しましょう

住宅ローンでマイホームを購入した場合、金融機関では土地や建物に抵当権を設定します。万が一、住宅ローンを返済できなくなった場合、金融機関では、不動産を競売にかけて債権を回収するために抵当権を設定するのです。
そして、無事にローンを完済すると、金融機関から抵当権抹消登記の書類が送られてきます。
この抵当権抹消登記の手続きを忘れてしまうと、不動産を売却する際に面倒な手続きが生じますので、ローンを完済したら忘れずに手続きしなければなりません。

しかも、抹消登記手続が完了するまでには、何度も法務局に出向かなければなりません。
そのため、抹消登記手続きは司法書士に依頼することをおすすめします。
埼玉県川口市の司法書士が運営している「コミコミ1万円ドットコム」では、全国の抵当権抹消の手続に対応しています。メール、電話にて無料にて相談にも応じています。

また、コミコミ1万円ドットコムのサイトでは専用の申し込みフォームを設置しているため、簡単に依頼手続きができます。
書類をきちんと揃えることができれば、メールと郵送のやり取りだけで、手続きを完了できます。手続きにかかる費用は、一律1万円となっています。忙しくて法務局に足を運ぶ時間がないという方は、ぜひ>>こちらのウェブサイトをチェックしてみてください。

不要な携帯電話端末をお金に変える方法

従来型のガラケーやスマートフォン端末の廃棄って困りますよね。1年ほどの短期サイクルで、携帯電話を買い替えている人であれば、処理方法も心得ているのかもしれません。しかし契約が解除された端末であっても、そこには個人情報が入っているわけですから、どのように処理をすれば良いのやら・・・。

そこで役立つのが白ロム買取業者です。白ロム?という人は、以下のサイトを参考にしていただくと分かりやすいです。

>>http://www.xn--3dkzaz94v372a2hx.com/

「白ロム買取比較ランキング」というサイトなのですが、不要になった携帯電話の端末を、買い取り専門店で買い取ってもらうというサービスの紹介をしています。有名業者が複数あるため、各々の概要や特徴、そして買い取りしてくれるキャリアについてなど詳しい情報が掲載されています。

ちなみに白ロム買取比較ランキングでは業者の比較だけではなく、「そもそも白ロム買取とは何か」といった基本的な情報もコラムとして書かれているので、これまで白ロムという存在を一切知らなかった人でも、買い取りから査定、売却までの流れを把握することができるでしょう。

今では端末価格も高価になり、新規買い替えを躊躇してしまうほどですよね。少しでも次回端末に支払う料金を抑えたいのであれば、まずは白ロム買取サービスを利用して、手持ちの携帯電話を買い取ってもらってみてはどうでしょうか?