治験って聞いたことがありますか?治験とは、新しい薬が研究され、動物実験などでは効果があると確認でき、一般的に使うまでに人体での効果を確認するために行うものです。治験ボランティアの方に協力してもらい、新薬の安全性や効果について確認していきます。治験ボランティアといっても、体をはって行うものですからちゃんと報酬が支払われます。https://www.chiken-style.com/治験ボランティア(治験モニターと呼ばれます)をやってみたいなと思われれる方は、こちらのサイトをご覧ください(参照→治験モニターのWebサイト)。

上記はチケンスタイルという治験モニター募集サイトです。例えば、短いものであれば2泊で5万円、長いもので8泊24万円とかそれ以上の期間の治験などがあります。良いお値段のアルバイトだと思いませんか?入院型の治験の場合は、インターネットをしたり漫画を読んだりテレビをみたりと、院内でゆったりと自由な時間を過ごすことができるようですよ。

治験モニターになれるのは、基本的には健康な成人男女ですが、治験の内容によっては「尿酸値が高い人」とか「コレステロール値が高めの人」などの募集がある場合もあります。治験モニターになってみたい方は、上記サイトであなたが参加できる治験があるかチェックしてみてくださいね。

電車や地下鉄で移動していると、半分以上の人がスマホいじりしていたりしますよね。

自分がスマホユーザーになる前は、みんな一体何をしているのだろう?なんて疑問に思っていたものですが、いざ自分が操作できるようになってみると、これは便利とばかり
肌身はなさず持つようになってしまいました・・・。

特に最近はスマホがすっかり日本人にも浸透して、アプリやWEBや電子書籍などソフト面もものすごく充実してきていますよね。

そんなスマホライフの中でも、私が今一番はまっているのがライトノベルを読むことです。
電子書籍って本当に便利ですよね。

ちなみに私は【ライトノベル | 人気の電子書籍ならゴマブックス】というところで最近は面白そうなものを探すのが楽しみなんです。

ここで本を探したり、探して見つけたいい書籍を読んでいたりするとあっと言う間に時間が過ぎてしまいます。

ここ最近読んだものの中で一番おススメなのは、「メイド司法書士アヤカの事件簿」という本です

メイド司法書士ってちょっと真逆な感じがしますよね。
主人公のアヤカさんは、司法書士というお堅い職業ながら趣味と実益を兼ねてメイド喫茶でも働いているちょっとオタクな女の子という設定で、そのアヤカさんがいろいろなトラブルを解決していくといったストーリーになっています。
ネットオークションでのトラブルや自己破産など、身近なものからちょっと深刻なものまで、実際にいろいろと参考になることも多かったです。

法律問題を理解するのにオススメですので、弁護士を目指している法科の学生の方にもおススメですよ!

住宅ローンでマイホームを購入した場合、金融機関では土地や建物に抵当権を設定します。万が一、住宅ローンを返済できなくなった場合、金融機関では、不動産を競売にかけて債権を回収するために抵当権を設定するのです。
そして、無事にローンを完済すると、金融機関から抵当権抹消登記の書類が送られてきます。
この抵当権抹消登記の手続きを忘れてしまうと、不動産を売却する際に面倒な手続きが生じますので、ローンを完済したら忘れずに手続きしなければなりません。

しかも、抹消登記手続が完了するまでには、何度も法務局に出向かなければなりません。
そのため、抹消登記手続きは司法書士に依頼することをおすすめします。
埼玉県川口市の司法書士が運営している「コミコミ1万円ドットコム」では、全国の抵当権抹消の手続に対応しています。メール、電話にて無料にて相談にも応じています。

また、コミコミ1万円ドットコムのサイトでは専用の申し込みフォームを設置しているため、簡単に依頼手続きができます。
書類をきちんと揃えることができれば、メールと郵送のやり取りだけで、手続きを完了できます。手続きにかかる費用は、一律1万円となっています。忙しくて法務局に足を運ぶ時間がないという方は、ぜひ>>こちらのウェブサイトをチェックしてみてください。

住宅ローンを借りるときに設定される抵当権は、住宅ローンを返し終わったら登記簿から抹消する必要があります。
住宅ローンが完済できたときには債権者から抵当権抹消のための書類が送られてきます。そこでちゃんと手続きを終えて始めて抵当権は登記簿から抹消されます。手続きを終わらせないと抵当権が登記簿に残り続けてしまいますので、必ず抹消手続きをするようにしましょう。

住宅ローンを完済できれば基本的には抵当権は自然と効力を失いますので、登記簿に抵当権が残っていたとしても、抵当権を行使され家が売却される、ということはありません。
しかし、抵当権を登記簿から抹消しないでいると、後々、不動産売却ができなくなる、新しいローンが組めなくなる、という不都合が生じるケースがあります。もちろんその時になって抵当権を抹消すればいいのですが、物件の所有者に相続が発生していたり、時間の経過とともに権利関係が変わって、処理が面倒になる可能性があります。ですので、抵当権の登記は、早めに消しておくことをオススメします。

後で抵当権抹消の手続きを行おうと先延ばしにしてしまうと、書類を紛失してしまうおそれもあります。住宅ローンの返済と抵当権抹消はセットという認識を持って、書類が送られてきたらすぐに手続きを済ませてしまいましょう!